佐々木裕太の言霊による独り言〜学びの場での心構え〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

佐々木裕太の考え方part14

今回も読んで頂きありがとうございます。

佐々木裕太が人生を生きていて感じた事を

綴っていくこのblog!

読んでいる人の人生や考え方が好転すると

自信を持って書いています!!

少しでも参考になれば幸いです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

どんな素晴らしい研修も学びの場も

結局は受け取る側の向き合い方次第

私自身が思った事だか、

どんな素敵なセミナーや研修であっても

素敵な講師の人が居ても

結局は

受け手がその学びの場に対してどう向き合うのか?

で決まってしまうと思う。

講師をやる場面が

私もたまにあるから感じますが、

講師として受け手の向き合い方を

いかに準備して始まる前に良い状態を作り上げられるのか?

がとても成功する為に必要な事なのかな?って思う。

あと、

その場になった時に

どれだけ講師としてそのセミナーの雰囲気に受講者を引き込むことが出来るのか?

かなりのエネルギーを使うがそれが講師としての力量になると思う。

でも、

今回は受け手の話をしますね!

私個人的にですが、

興味があるものの内容だと時間を忘れるほど集中しているが、

強制されて行った奴はどうだろうか?

自分事に出来ないと吸収率が少ない様に感じる。

同じ2時間なので密度が違う!

セミナーでも受けた方色々あって

・内容を学ぶ

・講師の非言語コミュニケーションを観察する

・講師の言葉の選び方を学ぶ

・講師はどう全員を引き込む為にどんな仕掛けをしているのか?を探る

・何故?その考えに至ったのか?を考えながら聞く

など

学びは何も講義の内容だけではない。

だから

常に学べる環境を自ら設定して作れると

とても一つ一つの学びの時間がとても質の高い物になる。

あと、

講師が良い気持ちになればなるほど

いい意味で余計な事を沢山話してくれる!

その場を作るのは

完全に聞き手側である受け手なのです。

そんな視点で物事考えたことがあるだろうか?

でも、

これは実際起こることである。

それは実際に50人規模や300人規模や1000人規模の講師を

やっている方々から聞いたことがあるからだ!

実は今まで参加のした事があるセミナーなど

自分自身の受けた方がもう少し講師を気持ちよくさせる受け方だったら

価値ある情報が聞き出せたかもしれないと思うと

とても受けた方を意識する様になるのではないでしょうか?

せっかく

時間とお金を使って学ぶのだから

最上級な質の内容が欲しいと

私は欲張りなので思ってしまう!

どうだろうか?

あなたはこんな視点になった事はあるだろうか?

もし、

無かったら是非考えてみて欲しい!

きっと学びの深さが変わると思う!

学びは人生にとってとても重要な事だと思う!

重要を豊かにするには圧倒的なアウトプット量だと思っていて

アウトプットするにはインプットを疎かに出来ない!その為には上質な学びが必要!

この考え方は人生を豊かにする為に必要な要素だと思います!

是非心掛けてみて下さいませ。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
私はセミナーなどの学びの場には自分が必要だと思ったものには
かなり行っている!その量にも胸張っている。
現状どうであるか?知らないけど
セミナーに行って、感じた事です。
私が講師であったらそう感じるので
少なからずこう行った側面はあると思う。
人の話を聞くときにも応用できますので
是非参考にしてください。
佐々木裕太の考え方でした。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする