佐々木裕太の言霊による独り言〜言葉に対する思い〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

今回も見て頂きありがとうございます。

このブログを始めるキッカケになった。

「言葉」に関して書きます。

ふと原点に戻る為にこの話題について触れようと思う。

読んでいただいているあなた!

「言葉」とは?なんだと思いますか?

とあるセミナーでも

私の思うことと同じ事を言っていてこの活動をしてある事が更に自信つきました。

まだ数少ない人にしか見て頂けてないですが私は全然焦りません。

どんな渦も最初の始まりは小さく弱い

そこで踏ん張ったものが

大きく力強い力を発揮する事を確信持っているからだ

私の課題は今見ている貴方が広めたくなるような情報を発信する事!

私は私自身の発する情報や行動によって人の転機を作る事。

その最初のキッカケ!

まさに小さな渦を少しでも大きくする事です!

「佐々木と出会って人生変わった」

そう言ってくれる人が私の死に様を見て欲しい!と思っています。

人に生まれた特権として名を残せる。

それは教科書とかに載ってしまうほど事をやってのけられるなら嬉しいが、

それは渦が大きくなった時の結果であって必ず成し得たい事は目の前の人の人生に影響を与える人になっている事。

そこで私は「言葉」に注目して

「言葉」を使って行く事を決めた!

私が思う言葉とは

サイキョウな道具である。

理由が少しでも分かる人は

言葉の事を真剣に考えた事のある人だと私は思います。

言葉は

時には人を救う「最強」のツールになり、

時には心に響かせる事の出来る「最響」のツールになり、

時には人を傷つける「最凶」のツールになり、

時には人を教え導く「最教」のツールになり、

時には人を狂わす「最狂」のツールになり、

時には今の自分を映し出す「最鏡」のツールになる。

と私は思っている。

(本当に言葉は無敵です。)

簡単に言うと

言葉は使い方次第で

救う事も凶器にする事も出来るという事です。

それだけ言葉の扱い方は気を付けないといけないが、

良い使い方が出来れば可能性は無限大となる!

無形だからどんな形にもなり、

どんな人も救う事ができる!と私は確信している。

それだけ言葉に対する執着はある。

使い方と言っても、

綺麗に言葉を使おうとしているのではなく、

人には心があり、その心を相手に伝える事が出来る唯一の方法が

言葉というツールである。

思いが相手に伝わる想いに変える為に言葉をどう使うのか?

それが私が力を入れているところだ!

だから、

汚い言葉も使うだろうし、

誤字もするだろうし、

脱字もあるだろうし、

でも、

最終的に

自分の伝えたい思い、気持ちを相手に伝える

↓ それが

伝わる想いになれば私は言葉を最大限活用出来たと思っている。

とにかく私の想いを伝えたいだけ!

その為に最も必要なのが言葉力だと確信しているから私は言葉というツールに磨きをかける。

使う道具の力を最大限に引き出す為に鍛錬する事は当たり前!

佐々木裕太の言霊を磨く事を私は辞めない!!

その練習であり、本番の場の一つがココである!

最終的に私が残した文章ではなく

私が発した言葉を誰かが文章として残したくなるほどの魅力つける事。

講演会やセミナーといった場で私は情報を言葉を使って発信したい!

だから、

言葉を磨きます!

貴方にとって言葉とは?

何ですか??

スポンサーリンク

シェアする

フォローする