佐々木裕太のリーダーに必要な事 〜学びと自信〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

お読み頂きありがとうございます。

今回は学びと自信についてです。

リーダーとして学び続ける事が重要なのか?

いや
リーダーとしてというわけではなく生きていく為に学ぶのか?

それは謙虚で常にいるためです。(私の場合)

少しばかり何かが出来ると何でも出来た気になってしまう。

(これも私の場合?笑)

逆にこういう人もいる
出来ているにも関わらず自信がない人、
いつにたっても自信が無いと言っている人。

でも、
こういう人こそ私は傲慢だと思う。
何故なら
自分ならもっとハイレベルに出来る人だという過信から来るからだ!

自信が無いではなく周りよりももっと優れなければという
周りを見下したようにしか私には感じ取れない。

そもそも周りと比べている時点で失礼。

自信とは
他人と比べて出来る出来ないではなく、
自分の答えを
信じてそれに向かって進む力の源(動力源)だと思っている。

自信がないのは自分を信じることが出来ない人。

もっというと、
他人なんて絶対に信じてない。

何故なら
信じるという意味を分かってないから!

一番簡単な自分を信じることが出来ない人が
最も難しい他人を信じる事なんで出来るはずがない!

それでも出来ているという人は
私はそういう人の事を
責任転嫁をする無責任な人と定義付けますね。笑

自信をつけるには
自分を信じるに値するだけの根拠があるか?だと思います。

自信とは
先ほども動力源と表現しましたが、
その通りで
行動をする為に必要なものです。
アウトプットする為に必要なものです。

アウトプットする為にはインプットが必要です。

そのインプットをする為に「学び」が必要です。

更に
学ぶという事は自分よりもレベルの高い人からしか
上質なインプットは得ることが出来ません。

そういう人に触れることで、
自分が慢心せず謙虚な気持ちで居られるので
私は学びを辞めません。

リーダーとして学ぶ理由は

組織に対して常に上質なアウトプットを提供する為に
上質なインプットが必要であり、
それがリーダーの役割だと思っているので、
私は学びを続けています。

これを読んでいるあなたは組織のリーダーですか?

リーダーでないですか?
それは嘘です。

リーダー(leader)を日本語訳すると「指導者」です。

リーダーとは私はリード(lead)する人だと意味を解釈しています。

leadとは先導、先立って引っ張るという意味です。

あなたの人生のおいてのリーダーはあなたの意志です!

全員がリーダーであります。

同じリーダーでもたくさんの種類がいますが、
リーダーである以上学ぶ手を緩める事は
リードする事を辞めるという事

進む事を諦めたリーダーの先に待っているものは、、、、(想像できますよね?)

でも、
大丈夫です!
これを読んでいるあなたはこの瞬間に一つ以上の学びを得ました!

あなたは立派リーダーです!
継続がとても大変!!

その秘訣を知りたい人はお問い合わせ下さいね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする