佐々木裕太のリーダー論〜自信について〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

今回も自信について書きますね!

突然ですが、

人生ってなんとかなると思いませんか?

辛くても苦しくても最終的にはなんとかなる!

なんとかならない時はこの世に自分が存在しなくなっている時だと

私は思っている。

どうだろうか?

あなたは??

そもそも
なんとかなると思った事がない?とかでしょうか?

自信のある人は圧倒的な根拠があると前回伝えましたが、

ここまでやったんだからいける!

みたいな根性論のように聞こえる根拠ですが、

自信を持つという事自体が精神論であるので

この根性論からくる影響は大きい!

繋げて考えてみてほしい。

人生どうせなんとかなるんだから、

自分が思った道を思いっきり突き進んでみよう!とならないだろうか?

自分の一歩の過ちが世界を揺るがす事はない!(法に触れるなどの例外は除き)

自分が良いと思った事に、必要だと思った事に早く一歩踏み出す方が良い!

例え思った結果出なくても早く気付ければ取り返しがついてなんとか最終的にはなる!

スピードが遅く、更にやり直すような事が起きれば
その時こそなんとかならなかなってしまう。

自信がなくで悩むぐらいなら
やる、やらないの判断をすぐする!

やらないの選択は一生その先にある世界が見れない事を意味する。

だったら

やるをすぐ選択してその先で修正をかければ進んでいる事になる!

その経験がまた自分の不安を埋めてくれる自信となる。

最悪な状況だけ分かったらやってみる!

なんとかなるから!

後の細かい事を考えたらキリがないから考えない出来た時のイメージだけに集中する!

悪いことばかり考えるから悪い事が来るだけであって、

良い事をイメージすれば良い事が降りかかってくる!

(引き寄せの法則です。今度話しますね!)

なんとかなると思って
やってみる!

その先に待ち受ける成功をイメージしてフル出力でやる。

そうすればその先に成長しか待っていない!

リーダーとしてリスクを考える事は必須であるが

それよりも組織を繁栄する方が急務!

繁栄とは先に進まない限り掴めないもの!
先に進むのにはリスクが伴います。
リスクばかり考えていては出来ない。

大丈夫!

人の多くはリスクを考えたがる!

組織にリスクを言わなくても深ーく考えてくれる人は沢山いる!

先導者であるリーダーは先を見て!

そのイメージを明確に伝える事だけに集中して!

リーダーが一番にその成果のために動く0→1になる為だけに自信持ってやる!

立ち止まらず
組織を引っ張り続けるリーダーに人は集まる。

あなたは
リスクばかりを考えて前に進まず衰退していく組織にしたいのか?

繁栄させるために先に進む組織にしたいのか?

なんとかなるのなら
なんとかするという覚悟をして迷わず
自信持って進んでみてはいかがでしょうか?

リーダーになると思った時に覚悟したはずですよ!!

まだなんとかなると思えない人はお問い合わせ下さい!
一緒にその根拠を見つけていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする