佐々木裕太のリ−ダ−マインド~チ−ムの力を最大に引き出す方法~

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

チームの能力を最大限に引き出すこと方法があったら欲しいか?

ブログへの訪問ありがとうございます。
今回はリーダーマインドについてです。

「使えないスタッフがいるからウチのチームは結果が出せない。」

「あのスタッフは何度も何度も言ってもいつも同じ間違えをする。」

「出来るスタッフが欲しい。」

こんな事を思っているリーダーはいないだろうか?

私は多くいると感じている。
何故なら会社を辞める人のほとんどが人間関係と言われています。

仮に
上司からとても信頼をされていて結果を出している部下が
人間関係を理由に辞めるだろうか?

そういう人はキット自分の次のステージの為に進むのであって決して人間関係で辞める事はない。

スタッフの満足度=上司からの期待度、信頼度に比例すると考える。

もちろん
お金的、時間的制約により辞める人のはいるが、
やはりこれも人間関係ではない。

何故?
人間関係で辞める人が多いのか?と考えると私は先ほど言った
スタッフ満足度=上司からの期待度、信頼度

この方程式だと考える。

それが出来てないから人間関係で辞める事になる。

他にも人間関係で同期との関係だったり、
逆に部下に対してだったりするかもしれない。
会社に対してもあるかも知らない。

ここで出てきた部下に対して
あなたが信じてあげられてないから起きる確執ではないでしょうか?

私はこう考えます!

チームメンバーは信じてくれる上司の元で能力を最大限に引き出せる。

私は「部下」という言葉が大嫌いである。

チームの統制する中で上や下の関係は必要だが、

部下というと部の下って誰が決めたのか?上や下を決める。

これは主従関係となる。
従うと心に決めて思える人なら良いかもしれないが、
対して知ってもいない相手にそれを強いるのは武士の時代だけ

今は御家柄で位が決まる時代ではない。

私はリーダーには是非
メンバー、スタッフ、クルーといった言葉を使って欲しい!

今回はこの話ではないのでここまでにするが
とても大切な価値観であると私は捉えております!

メンバーの可能性は無限大にあり、
それを図る事は出来ない!

なのだから、
信じてやってみたい事をやれる環境を提供してあげる事が
リーダーの1番の役割!

リーダーは結果を出す事は大事だが、

個人としての結果ではなく、
チームとしての結果を出す事が最も優先すべき重要業務である。

その中でリーダーが結果を出して
チームを引っ張るというなら良いと思う。

チームが1番の結果を出し続ける近道は
メンバーが力をつけ結果を出す人を増やす事。
それが継続的に結果を出し続ける秘訣である。

リーダーはメンバーの可能性を信じて環境を整える事!
これがリーダーの志事!

巻き込み力のあるリーダーは組織にとって欲しい存在!なのは間違えない!

それを実現する最初の一歩が
「メンバーを信頼する事」

リーダーが全て命令してしまえば早いし良いと思う。
でも、リーダーの器以上に伸びる事はない。

それは組織の発展として良いものではない。

同じような人が出来上がって成長する組織には
これからロボットが参入してきてすぐに価値がなくなる。

十人十色の思考、十人十色の視点、十人十色の気付きが組織を強くする。

間違った道に行かないように環境を作り、後は信じ抜く!
リーダーとは忍耐の必要なものだ!

そうすれば確実にチームとして成果が出ます!

スタッフの信頼の仕方を知りたい人はメッセージ下さい!
お伝えしますよ^ ^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする