佐々木裕太のリーダーマインド〜魅力あるリーダーとは?〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

ブログへの訪問ありがとうございます。

佐々木裕太です。
今回はリーダーマインドについて書きます。

あなたはどんなリーダーに
命を預けることができるか?

いきなり想像が付きづらかったですよね。

例えば
これから船に乗って航海をするとしよう。
その時にどんな船長なら一緒に行きたいと思うのか?


どうだろうか?
少しはイメージつきましたか?

リーダーが
自分自身の起こることを全てに対して自責と捉えて、
自立して問題解決をする生き方をしていた人だったら
少しは付いて行こうと思わないだろうか?

逆にのことをするリーダーには絶対に命がけの航海に行かない!!
という人が多数ではないだろうか?

リーダーは
組織で起きた問題、
起きようとしている課題、
これからの先の未来を全て自ら行動して解決し、切り開いて行く必要がある!

それはとても容易ではないが
その覚悟をメンバーに背中として見せることを意識して
日々の行動、言動、態度を意識してみて欲しい。

リーダーは常に前を向いている存在!
リーダーが見えてない景色をメンバーが見ることは一生無い!

でも、
リーダーが見えている未来もまたメンバーは見えてない!

リーダーが明るい未来を見てそれを伝えて行く必要がある!
究極の伝言ゲームだ!

1つ1つの単語にも責任を持って発言する。
有言実行!
しかもそこに命を懸けているとなると人は惹きつけられる。

リーダーの魅力はココにある!
優秀だからリーダーになる!

その優秀と持ち上げられている事に溺れず、
謙虚に一瞬一瞬に命がけのリーダーになる!

その姿を見ているメンバーはそれに応えようと助けてくれる!
助けてくれたメンバーにリーダーは恩返しの為に

幸せな人生をメンバーをプレゼントする為に必死になる!

リーダーは偉いわけでない!
リーダーは複数人の命を預かる存在!
自分の命を懸けられないリーダーにメンバーは預けたいと思わない!

誰もが幸せになりたいと思っている!
一人で生きるよりも複数で生きた方が
その充実感、感動、喜びは増幅する事も知っているから!

どこのグループに自分の命をかけるのか?
どの人と命を懸けていきたいか?
を人は真剣に精査している。

リーダーはそれに値すると選ばれる必要がある!

選ばれているからリーダーになっている。

リーダーとしてその責務を果たす為の行動を出来ているだろうか?

憧れとは
自分にはないものを持っている人に抱きやすい!
命をどこに賭けようか?悩んでいる人の目の前に!

真剣に命を懸けている人がいたらそれは惹かれるに決まっている。

リーダーは命を懸けて目の前の一瞬を生きていることに夢中になり!
先の明るい未来の実現の為に突っ走って欲しい!

そういうリーダーに人は多く付いてくる。

リーダーであるあなたはどうだろうか?

これからの未来でリーダーになる為に準備をしていこう。

その準備方法を私は知っている。
知りた人はお問い合わせ下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする