何かしらに不満がある人へ〜佐々木裕太mind〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

ブログへの
ご訪問ありがとうございます。

私、佐々木裕太といいます。

私の使命は
「人に人生が好循環するキッカケを届ける事です」

それでは今回は

感謝について話しますね。

最近
居酒屋さんに行って思うことがありました。

会社の不満を言っている人が
アチラコチラにいる事です。

そんなに不満を言うならやめれば良いのに!って
思うぐらいボロボロに言っていた。
嫌でも耳に入ってくるこっちが気分良くない、、、。

人生は有限で、短いのにそんな解決するはずもないことに
時間を使っているなんて
「もったいない」と思いました。

不満があるなら逃げるか?
変える為に動けば良いのにと思いませんか?

でも、
逃げるに関しては私は勧めません。

どうせ逃げても
その先にまた同じ事が起きた時にまた逃げる。
それを繰り返す先に幸せな未来はない。

イメージしてみて欲しい

まっすぐな道を歩いています。

でも、
目の前に障害物があるのでU-ターンします。

でも、
また障害物があります。
またU−ターンします。

あれ?
ずっと同じところを行ったり来たりしますよね?
前に進んでない事は分かりますか??

仮に
右なり左に曲がってみてもいいでしょう!

その先に
あなたの行きたかった目的地は存在しますか??

何かを目指して向かったはずなのに、、、

いつの間にか見失っていませんか?

やりたくもない仕事をやり、

無駄な時間を過ごして死んでいく
それがあなたの人生!
どうですか??

切り開くためには動くしかないです。

どうすれば環境を変えられるのか?

どうすれば自分に力をつけれるのか?

どうすれば解決するのか?
一人で出来ないなら同士をどう集めるか?

会社員の人であれば、

今いる会社を利用して自己成長しよう。

それが出来ないなら自分が社長になって
思い通りにする。

そんなことを私だったら考えるかもしれない。

でも、

一つ分かった事がある。

不満を言う人の共通点

「感謝」をしてない!!

感謝の気持ちがないから
そこに不満がたまり、

ストレスとなり愚痴が溢れる。

感謝の心があれば

不満が出るはずがない!

何故なら!!

許せない部分もあるけど、

感謝をしているから自分も助けられている所がある
とわかっているから
(許せてしまう心理が働きやすい)

許せないという沸点は自然と高くなる。

自分の出来ない所を
カバーしてくれている事を分かっているから

その代わりに自分も返すように
相手の為に行動をする。

正に

長所と長所で補い合う関係が出来た組織になる。

これほど強いものはない。

愚痴が出るほとんどが、

自分のことを棚にあげて
相手のやらない所の粗を探し

自分が優れている事を証明したいから。
自分が被害者であると周りに同情を得たいから。

それと

自分は必要な存在と思われたい。

いわゆる
承認欲求・存在欲求から来るものである。

だったら

まず相手の事を承認してあげれば

返報性の原理で返って来るのに

不満を出す全員が

欲しがっている以上に与えていない。

誰もが聞いたことがあるであろう
「give and 
take」
意味は譲り合う、やり取りなどと出てくる。

人と人のやり取りは


最初にgive(与える)から始まり、
その後にtake(取る)となる。

何か欲しい時(take)
なので、
先に与える(give)から始めるということです。

それに気づかない限り
一生解決しないで苦しみ続ける。

欲しがる前に与えまくって下さい。

別にお金をかける必要はありません。

上司に、部下に、家族に、友人に

感謝の言葉「ありがとう」を与え続けて下さい。

相手が
あなたのありがとうでいっぱいになったら

漏れた分
全部があなたに返って来るから!!

これをシャンパンタワー理論という。

この原理や理論知っている人は

不満なんていう
無駄に脳の容量を使わないので
与える事に集中する。

相手に対する感謝でいっぱいにすれば
組織や自己の運命は変わって来る。

まずは一つのありがとうから始めてみては??