何故?学びは大事なのか?~人生を豊かにしたいなら学べ~

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

この記事に出会って頂きありがとうございます。

この記事を書いています。佐々木裕太です。

早速ですが、
前回の記事は読んで頂けましたか?

前回の記事はこちら

前回では書くことが出来なかった。

成長には

  1. 出会い
  2. 学び

この「学び」に関して伝えていきます。

あなたにとって人生のparadigm changeが起きたら幸いです。

学びに関しておそらく今回1記事で語る事が出来ないほど奥が深いですので今回は「引き出しが増える」というキーワードを使いながら伝えていきますね。

「学ぶ」これは産声をあげた時から始まっています。

誰が母親なのか?を声・匂いなどから学びます。

ハイハイをするにも、

立つ時も

歩く時も

1〜3歳で人は驚くスピードで学び成長をしていきます。

ハイハイが出来る事で「移動する」

という引き出しが増えます。

その為に

どのようにして体を動かせば良いのか?

と学びます。

立つことで

ハイハイでは届くことが出来なかった場所や

見えなかった景色が見えます。

「引き出しが増えます。」

更に次なる学びの為に

歩く事で移動手段を2つにします。

「引き出しが増えました。」

話が出来る。

伝えるという

「引き出しを増やしました。」

小学生になっても

中学生になっても

高校生になっても

大学生(専門学生)になっても

学ぶ事が

当たり前の環境が用意されています。

お金を払って学ぶ事が

当たり前の環境が手に入ります。

それもほぼ強制的に

だから、

麻痺しています。

社会人になっても

学生(学ばされる人生)という立場から離れたにも

関わらず、

社会人1年生は

教えてもらうことが当然の権利かのように振る舞います。

研修制度がないから、、、

教えてくれないから、、、

この受け身な姿勢が

社会人になってもある。

学生と社会人の違いは

学生はお金を払う側であって

社会人はお金を頂く側であるという事。

世の中の立場が変わっている事に

気が付きましょう!

もう誰も学びを勝手にくれません。

強制的に嫌々やっていた学びをする

必要はなくなります。

自由になったのです。

しかし、

自由には責任が伴います。

それが自分自身で学ぶ事です。

それをしないと

成長することは出来ません。

どんな方向にでも成長して良い

という

自由を手に入れたからには、

自分で方向性を決めて、

自分で学ぶ必要があります。

成長を諦めた瞬間から

心は無気力になり、

ただ生きる価値を自分で見出せないまま、

世の中から必要とされる存在になることもないまま、

人生が終わるのを待っているだけになります。

時間が早く過ぎるように感じるのは

成長をした実感がないだけ、

たったこれだけで人の感じる

時間軸は狂ってしまうのです。

学ぶ自由を手に入れたので、

自分のやりたい事に対して学び、

その分野での引き出しを増やす事が出来ます。

この引き出しが

時には、他の分野と繋がる事があります。

そうして人の成長は加速していきます。

引き出しを増やす事が

この先の自分の人生にとって思いがけない

幸福をもたらす可能性があります。

さらに、

この引き出しの量が

人の魅力にもなります。

あなたが憧れる人、尊敬している人は

あなたより引き出しが多いから

あなたに刺激を与えてくれます。

その刺激が

あなたにとって価値ある

と感じるからその人を尊敬するのです。

仮に、

あなたの方が引き出しの数が

尊敬している人よりも凌駕しているのにも

関わらず尊敬し続ける事ってあるだろうか?

あなたが成長して超えたとなれば分かりませんが、

元々凌駕している人に尊敬する事はまずない。

引き出しが多い事で、

自分の人生をレベルの高い所へ引き上げてくれる人と出会います。

引き出しを多くするには

自ら学ぶ事です。

これが学ぶという事に関して

重要な事の1つです。

LINEのアカウントがあります。良かったら友達追加して下さい。