準備が必要な理由はこの為である〜志事で必要とされる存在になる方法〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

記事を読んで頂きありがとうございます。

この記事のライター佐々木裕太です。

私がこの記事の更新をし続ける理由は

自分の在り方にあります。
「私は自分の時間を使って人の人生に触れ関わる事で1°でも好転反応を起こすお手伝いをすることです。」
この情報も読んでいる人が少しでも私の文章を通して人生にparadigm changeが起きれば私はとても嬉しいです。やっている価値はあります。
本題に入る前に読んでいる人にお願いがあります。一人でも多くの人に読んで頂きたいです。この考え方が決して間違っているとは思っていません。これを知る事で私は成長できました。
なので、誰か1人にこの記事を広めて頂けたらうれしいです。お願いはこんなものにして本題に入ります。

是非あなたの

人生にparadigm changeが

起きることを願っています。


今回は

検証の大切さについて

伝えていきます。

私個人的にも意識してないと

忘れてしまいがちだったり、

疎かになりがちですが、

検証を行った時の

物事の成功率、再現性は

とても高い事は

自分の実体験からもあります。

なので、

今回は検証の大切さを伝えていきます。

まず、

何故?検証は必要なのか?ですが、

前回「準備」について書かせて頂きました。

それとも繋がってくるのですが、

検証とは

行動に関してCHECKをする事。

PDCAでいう「C」に当てはまるところである。

ここはおさえておいて下さいね。

必要な理由は

「再現性」です。

志事では特にそうですが、

「再現性」がないといけません。

何故か?

偶発的に出来た事、成功した事に関しては

意味がありません。

たまたま宝くじにあったに過ぎません。

これは

ビジネス・志事ではなくギャンブルです。

志事として永続性のビジネスとしてやって

行くのであればギャンブルではいけません。

ビジネスとは

世のために永続的に残すことです。

その為には

「再現性」とはとても大事です。

だから、

志事としてやっていきません。

結果が不安定なものに

投資をする人は誰もいないですよね?
(お金と時間は特に)

ビジネスをしっかりと行っていく上では

何度も何度も行っても

結果・成果が出るもの。

更に、

自分ではなく他人がやっても

結果・成果が出るのもに価値があります。

私の勝手な見解ではありますが、

ロボット、AIが発展しているのも

これが一つ絡んでいると考えています。

単純作業だとしても一定の

再現性を出し続けてくれるので、

しかも

人が行うよりも正確にこなす事が

出来るから重宝されているのだと考えます。

それだけ世の中には

「再現性」が高いものが必要とされます。

簡単な例です。

誰もが持っている携帯電話ですが、

電話を掛けた時に機械の氣分で掛かる人が

変わってしまったら

ここまで世の中に浸透したでしょうか?

しないですよね!

志事で必要とされるのは

「自分にしか出来ない事を抱えるのではなく、組織に仕組みとして誰もが出来るレベルまで言語化し、伝える事」だと思います。

これが最大の志事であり、究極の志事です。

全てを言語化する為に

検証をする必要があります。

どの準備をして計画を実行したら

結果が出るのか?

それは失敗なのか?成功なのか?

それを深く知る為に検証は必要です。

検証をする為には計画を練る事、

そのための準備が大事です。

検証の大切さを

少しは伝わりましたでしょうか?

「再現性」を創る為には

検証を繰り返して

洗練されたものにする必要があります。

検証する為には準備が必要です。

でも、

時代がものすごいスピードで変化する中で

ゆっくりと準備はすることは出来ないです。

その為には直観力・直感力が必要です。

その為には学ぶ事は止めてはなりません。

毎日が学びある日になるように

自分で作ってみて下さいね。

最後に

如何だったでしょうか?

何かこれからの人生で役に立つ考え方を得る事が出来たでしょうか?

もし、少しでも共感して頂け所がありましたら

LINEの友達になって頂けませんか?

友達になる上で私からの約束です。

ー、こちらからメッセージを個人的に送る事は致しません。
(いわゆる迷惑行為です)

ー、話した事は守秘義務として個人が特定されるような事は致しません。

ー、届いたメッセージに関しては丁寧に返答をします。

一緒に人生と言う物語を楽しみましょう!!

頑張る必要はどこにもありません。楽しむだけです。

人生は楽しい!楽しく無いのは楽しみ方をまだ知らないから!!!

それに氣付ける未来があるなんて明るくてウキウキしますね。