自由になる為に必要なこと〜人生最幸の軌跡【paradigm change】〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

サイトへのご訪問ありがとうございます。
著者の佐々木裕太です。

このサイトの作成者の想いから先に書かせて頂きます。

私は一人でも多くの人に笑顔で充実している人生を送って欲しいと考えています。笑顔で充実している人生を送っている人が増えていったら楽しい世界になると思っています。その実現の為には笑顔になれる。充実出来る。価値観が大事です。そのキッカケになればと思っています。

合言葉は「あなたの人生にparadigm changeを」

では、本題にいきますね。

自由!

響きはよく聞こえる。
楽しさがあるように聞こえる。
間違ってはいない。

でも、

勘違いをしてはいけない。

楽しいとか

楽とか

どんな感情でも抱きそうではあるが、

違うという事に関して

今回はお伝え出来ればと思います。

「自由に生きるという文章で紐解いていきます。」

まず、

「好き勝手にワガママに生きる」という事ではない。

自由なんだからと思うかもしれない。

本当の意味というには大袈裟に聞こえるかもしれないが、

自由に生きるという事は

「自分で選んで責任持つ覚悟をして生きる事」である

自由が楽しそうに見えるのは、

自分で選べるからです。

表面上は自分で好きなように決めて出来ることから、

楽しそう!辛くなさそう!とか良い感情を抱くが

それはあくまで表面上

自由の裏には

自分の行動一つ一つ、発言一言一言に責任を持つ必要がある。

それにより問題が起きた時には

全ての責任は己であるから!

でも、

その代わりにそれで得た様々な利益は全て手に入る。

まさにハイリスクハイリターン

欲しいならリスクを先に取るしかない!

リスクの大きさ分だけリターンも大きい。

責任は取らず、

口だけな人は最も人からの信用を失う。

そして、

責任と覚悟を持っている人を

決してバカにはしてはいけない。

バカにする人は大抵自分がそれをした事ない。

責任と覚悟を持って何かをしたことのある人は

その苦しみと楽しさ両方をしているから

むしろ応援してくれる。

小さな事でも良いから責任持って行動してみると

少しは感じられるかもしれない。

責任、覚悟を取って生き甲斐のある人生を送ってみると

今より楽しい時間、日々を送れるに違いない。

決して自由がいけないわけではない。

むしろ、賛成する。

自由に生きることをそのかわり責任も自分ですべて取る。

この事を理解しているなら良いと思う。

自由になるのはとても簡単責任を持って行動を始めれば良いだけ。

人に扱われる人生が嫌なら自由を取るしかない。

自由には決して軽いものではない。

その覚悟を決めて行動をして行って欲しい。


いかがでしたか?自由の本質を少しでも理解出来たら。それで良いです。自由の簡単な例ですが、親元を離れた子供です。自由になるがその後の生活の責任はすべて自分になる。今まで守ってくれた親はもういない。その重さを知って離れないと痛い目にある。仕送りなんて宛にしている間は自由にではない。責任を果たしていない。口だけのやつは本当の意味で充実した人生なんて送れるはずがないであろう!!