最も簡単!なのに出来ない人が多く不幸になっている〜人生最幸の軌跡〜

シェアする

スポンサーリンク
Pocket

ご訪問ありがとうございます。

著者の佐々木裕太です。

私には夢があります。それは1人でも多くの人に笑顔になって頂くことです。私の考える笑顔とは、人生が充実していて自然と出る笑みです。人はワクワクしているときなど氣分が上向きの時は笑みが溢れます。その笑みがとても私は好きです。それを絶やして欲しくないです。そのならない為に私が出来ることをして行きたいと想いこのサイトの運営を開始したのがキッカケです。「人生を充実」これはとても難しいし、抽象的です。なので、人生を充実させる為に必要な要素を考えました。それは「どうなりたい」というのが決まっている事と「考え方」だと仮定をしてこれに対して出来る事をするのを決めました。これには答えがないので仮定としています。物事は捉え方次第で良くも悪くも感じます。その捉え方はその人の過去積み重ねて来た考え方にあると考えています。今回の内容もそれに対して少しでも為になるようにと考えて書きました。

キーワードは「人生にparadigm changeを」です。


素直について

今回は伝えていきます。

武士の世界なので

今では古い考えなのかもしれませんが、

日本が昔から大事にしてきた考え方の中に

「守破離」

言うのがあります。

昔というと考えが古いなど言われるかもしれませんが、

昔からある言葉で今も残っているには、

生き残る理由がある。

と思って少しは取り入れた方が良かったりする。

この守破離の意味ですが

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

辞書ではこうなる。
「守」・・・自分の師匠、先輩の教えに対してオリジナルなることなくそのままを身に付ける。

「破」・・・周りの師匠や先輩の教えに対しても考えて良いところを自分に取り込んで身につけたものを発展・進化させていく

「離」・・・完全にオリジナルを自ら確立させる事。

この段階を踏んでいくのが効果的な成長順番である。

何事も最初は

「守」の段階を踏まなければならない。
と言う事は、

師匠・先輩の言われたことに対して素直に受け取り、

実践する事が良い。

師匠・先輩も部下を陥れる為に

時間を割いて教えてはくれない。

その行為に感謝し、素直に受け取る事。

確実に師匠・先輩の方が経験をしていて

その人が言っている事は

その経験を短時間で己のものに出来るチャンス。

これを知る知らないでは

今後の己の成長曲線は桁違い変わる。

それを手に入れる為に好かれる行動をする事が

先輩に対する最初の志事かもしれない。

そこまでは言わないが、

教える側は

自分の何年・何十年という時間を使って得た

知識・経験を数時間・数日で伝えることになる。

(もちろん教える側の色眼鏡を通してだから正確なものであるか?の精査はする必要がある)

それに対しての敬意は最低限示すことは大事だと思う。

師匠や先輩に言われることは試され事です。

常に測られている。

素直に受けて精一杯やりきる。

もちろん

結果成功する事に越したことはないが

失敗しても大丈夫。

知識・技術の持っていないあなたの失敗で

世の中の秩序が崩れるような事にはなる事はない。

(例外はあるかもしれないが、、、)

師匠、先輩は少なからずあなたより経験している。

その人が

弟子・部下を蹴落としてダメする為に試練は与えない。

もしそんな人がいたら、

そんな人に教えを受けに行こうとした

自分の判断力を磨くことが出来る良い経験だっただけ。

基本は成長させる為に試練は与えるもの。

試験的な意味で与えるもの。

それを知識・経験の少ないあなたが判断して

「やらないというのは何か間違っている。」

と感じないだろうか?

自分が選んで来た世界(業界)を辞めたほうが良い。

それかあなた自身が覚悟足りない。

世界(業界)を舐めている。

そんなことでは何も成し遂げらない。

覚悟・責任は高い水準で持つこと

常に意識した方が良いだろう。

覚悟なんての簡単。

最初は師匠・先輩の言うことを素直に受け止める。

とにかくやってみる。
やった先にしか答えは見えない。

素直さは大きな武器になる。
人生で喜びを得たいなら必要になる要素である。


いかがでしたか?「素直」とてもやることは簡単ですが、みんな受け入れらないんですよね!それで人生損するのはどうですか?もったいないと思います。素直にやって思っている事と違うのであればそこでやめれば良い。経験はとても大きなアドバンテージです。それを手に入れる。そのチャンスがあるのであればやってみる。私は良いと思ったので今回はこの内容にしました。私のLINEです。良かったら友達登録をして下さい。